ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
おいしいお店

速魚川(はやめがわ)猪原金物店へのアクセス、メニューや口コミは?【超問クイズ】

こんにちは! 管理人の悠木です。
8月3日放送の「超問クイズ! 真実か? ウソか?」では
世界ふしぎ発見! でおなじみの草野仁さんが
長崎県・島原に里帰り!

 

そこで、「金物店で食べる絶品スイーツ」が
紹介されるらしいのですが……これはもしかしてあのお店でしょうか?

気になったので、お店の場所や取り扱っているスイーツ、
他のお食事メニューや口コミについて調べてみました!

 

スポンサードリンク

猪原金物店


出典:ながさき旅ネット

長崎県島原市上の町912番地
​TEL 0957-62-3117
島原駅下車徒歩3〜5分。

 

※夏季期間、電話での予約は受け付けていません

 

猪原金物店
営業時間:9:30~18:00
定休日:毎週水曜日

 

茶房 速魚川
定休日:毎週水曜日、第三木曜日
営業時間:11:00~18:00【17:30ラストオーダー】
駐車場4台分あり

 

定休日にあたる日が祝日の場合はどちらも営業しています。
島原城、島原市役所のすぐ近くにある金物屋さんです。

 

金物屋(かなものや)とは、その名の通り金属でできた
器具や道具を販売しているお店です。
具体的にはハサミや包丁をはじめとした刃物のほか
たらい、やかん、爪切りなどの日用品まで。
今で言うなら小さめのホームセンターに近いかな? と思います。

 

私の生まれ育った下町ではバリバリ現役で
金物屋さんがお店を開けていたのですが
最近はめっきり見かけなくなりましたね。

 

猪原金物店でも、
スーパーやデパートではお目にかかれない
珍しい品や品質にこだわった金物が豊富に取り揃えてあります。

 

代表的なところで言うと、包丁やハサミなどの刃物。
珍しいところであれば手裏剣や、
現在は製造されていないデッドストック品などがあります。
デッドストック品は明治・大正・昭和に流通していた
レトロ好きにはたまらないグッズたちです。
戦前に作られた国産のアルミ鍋なんかもありました!

 

建物自体も、金物店としては九州で二番目に古いと言われるほど
歴史あるもので、国の登録有形文化財に指定されています。
創業したのはなんと明治10年(1877年)!

 

平成に入ってからお店を改装し、
金物屋の奥に茶房・ギャラリー速魚川(はやめがわ)をオープン。
昔ながらの土間や囲炉裏、畳などを残した空間から
坪庭や中庭の緑が楽しめるとあって、雰囲気は最高です。

 

手作りの川・速魚川とは?


出典:ながさき旅ネット

お店の敷地内に流れる小川「速魚川」は、
実はこの猪原金物店・店主の手作りの川なんです。
井戸からの湧き水を利用して作った清流で、
多様な生き物や植物がそこで暮らしています。

 

住んでいく生き物は、ハヤ、カニ、モエビ、
カワニナ。時期になるとホタルまで現れるとか。

また、川の中では絶滅危惧種である
日本固有の亀・ニホンイシガメが飼育されています。
こちらも店主の方が育てているそうですよ。
時期によっては子ガメも見られるみたいなので、
お店に訪れた際は見つけて観察するのもいいかもしれません。

 

この清流の水は口当たりが柔らかく
「おいしい」と評判で、地元の方が
ペットボトルに入れて持ち帰ることも多いそうです。

 

清流と緑に囲まれたお店……とっても素敵ですね。

 

NEXT:茶房 速魚川について

 

1 2