鎌倉・左可井(さかい)の穴子丼が絶品! お店の場所(アクセス)や周辺の観光地は? 【和風総本家】




こんにちは! 管理人の悠木です。
6月21日放送「和風総本家」は鎌倉の食を支える職人スペシャル!

番組では穴子丼が紹介されるそうですね。
鎌倉の住宅街にある、穴子丼のおいしいお店といえば「左可井」
名店と名高い「左可井」について、
お店の場所はどこなのか? 周辺の観光地は?
などなど、気になることを調べてみました!

スポンサードリンク

左可井

出典:鎌倉観光オススメガイド

出典:鎌倉観光オススメガイド

所在地:鎌倉市浄明寺2-1-31

京急バス杉本寺下車徒歩3分
*鎌倉駅よりバス『金沢八景』または『ハイランド』行きに乗車(京急バス5番線)
*『杉本観音』バス停下車徒歩2~3分(鎌倉駅から1,578m)
*杉本寺向いにある。見た目はふつうの一軒家。

TEL:0467-24-7759(予約不可)
営業時間 :11:30~15:00 (昼営業のみ)
定休日:火曜日、第1,3水曜日
席数:22 席(座敷4人掛け4卓・テーブル6~8人掛け1卓)
完全禁煙
駐車場:近くに3か所コインパーキングあり

11:30から開店とのことですが、
口コミいわく開店前から行列ができていることもあるため
訪れる際は時間に余裕をもっていくことをオススメします。

「左可井」の開店は1999年4月。
昭和18年生まれのご主人が脱サラし、
自宅を改装して開店したお店です。
もとは自宅の為外観はふつうの一軒家なので、
よく地図を見ないと普通に通り過ぎてしまうかも……?

おすすめメニュー

出典:鎌倉観光オススメガイド

いちばん人気はやっぱり穴子丼!
江戸前の穴子を使うことにこだわるという
「左可井」の穴子丼。実はご主人が、
料理の師匠が作った穴子握りずしの味に夢中になり
「これがもっと沢山食べられたらいいのに……」
と考えたことがきっかけで生まれたんだとか。

1人前に付き、穴子を1匹使い切るという贅沢な穴子丼です!
使う調味料はシンプルながら、
丁寧に味付けされた穴子はまさに絶品で
鎌倉の穴子丼といえばここ! と評判のお味なんです。

また、穴子丼にセットでついてくる卵焼きも評判。
だしの効いたお味が上品な仕上がりです。
おみやげに持って帰ることも可能とのこと。
これはぜひ一度食べてみたいですね……!

メニュー

穴子丼(吸い物・卵焼き付)……1,400円
穴子丼セット(汁椀・小鉢・卵焼き)……1,550円

そうめんセット、季節の魚(押しずし)
まぐろの漬け丼、雲水うどんなど

Next:左可井周辺の観光地を紹介!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする