玉鷲wiki風プロフィール! 妻が美人! 手芸や料理が上手な女子力横綱級力士!【さんま御殿】

こんにちは! 管理人の悠木です。
6月19日放送「踊る! さんま御殿!!」は
料理上手vs料理下手が大激突!

芸能界の「料理こだわる派」と
「料理は苦手」派が一堂に会するみたいですね!
放送では、「アウトデラックス」にも出演した
「女子力横綱級」とも称される力士・玉鷲関が登場するようです!

今回は玉鷲関の気になるプロフィール、
美人な奥様について、そして手芸や料理など
あふれる女子力についても調べてみました!

玉鷲・wiki風プロフィール


出典:地球ジャック

玉鷲一郎(たまわし いちろう)

所属:片男波部屋
本名:バトジャルガル・ムンフオリギル
愛称:オギ
番付:前頭筆頭
生年月日:昭和59年11月16日(33歳)
出身地:モンゴル・ウランバートル
身長:188.0cm
体重:174.0kg
得意技:押し
最高位:関脇

戦歴・受賞歴
*十両優勝 1回
*幕下優勝 1回
*技能賞 1回
*金星 2回(日馬富士1個、稀勢の里1個)

もともと、モンゴルではホテルマンを目指して
モンゴル食料技術大学で学んでいました。
実の姉が東大大学院で学んでいたこともあり、日本へ訪問。
そこで相撲と出会い、自分の体格を生かせないかと
相撲部屋を紹介してもらい、2004年1月に片男波部屋に入門。

昇進はスローペースで、初金星は外国人力士の中で
最も遅く、二度目の金星も去年の11月。
得意技も押しの一本のみ。
しかし、玉鷲関が何よりもすごいのは
とても大らかでマイペースに、しかし真剣に
相撲に取り組むところだと思います。

押しで技能賞を取った時も
「良かった。(押し相撲で技能賞は)珍しいよね。
ただただ楽しく相撲を取っていた。
一番一番、楽しんでいた。
立ち合いのスピードが大事で意識していた」とコメント。

しかし楽しむだけでなく、
土俵の上では真剣勝負を徹底しています。

土俵に情が入るのを好まず、
モンゴル人力士のコミュニティーに
必要以上に深入りしないそうです。

また怪我で自分が休場することをよく思っていないためか
怪我をおして出場することも多く
2018年現在で現役関取の継続中記録としては1位となる
連続出場記録を維持し続けています。

2016年7月場所の10日目で左ひざを痛めた時も、
むしろ重心を低くし下半身をうまく使うことで
弱点だった下半身の柔軟性を補い、好成績を収めました。

NHKの大相撲専属解説者・北の富士勝昭氏からは
「30歳を越えてから力が増してきた、かなり珍しいパターン」
との評価を受けています。
今後の活躍からも目が離せませんね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク