飯塚幸三の自宅(板橋区弥生町)住所や逮捕されない理由(叙勲)事故の原因は? 【池袋プリウス暴走事故】




飯塚幸三の職歴や叙勲とは?

飯塚幸三は複数の肩書を所持していて、
一覧にするとこのようになります。

・工学者
・元工業技術院長
・国際計測連合会長
・ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(英語版)会長
・日本計量振興協会会長
・計測自動制御学会会長
・クボタ常務取締役

ニュースなどでは飯塚幸三氏の職歴について
「旧通産省の元工業技術院長」
「農機大手クボタの副社長も務めていた」
と報道されているようです。

また、飯塚幸三氏は
2015年に瑞宝重光章を叙勲しています。
瑞宝重光章(ずいほうじゅうこうしょう)とは
どんな時に与えられるかと言うと、

公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、
特に重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、
瑞宝重光章以上を授与するとなっている。
一般行政事務では事務次官が対象となるほか、高裁判事や大学の学長などが多い。

出典:コトバンク

とのことでした。
今回の事件で逮捕されないのは
こういった職歴や受賞歴が
影響しているのでは?

といった声も多数上がっていました。

今回の事件については
警察やメディアの対応に対し
疑問に思っている人も多く、
ネット上では半ば炎上のような形となっており
人々のこの事件に対する怒りが伝わってきます。

スポンサードリンク

飯塚幸三・池袋プリウス暴走事故の原因は?


出典:朝日新聞DIGITAL

連日報道されているこの事故ですが
結局のところ事故の原因は何だったのでしょうか?

事故発生から警察の調査も進み、
現段階(4月21日)では
「事故を起こした車両(プリウス)に不備はなく
本人の判断・操作ミスによるもの」
とされています。

というのも、目撃証言や現場の状況などから
以下のようなことが明らかになったからです。

・飯塚幸三は暴走中にハンドル操作をほとんどしていなかった

・現場にブレーキ痕がなかった=暴走中ブレーキを踏まなかった

・ドライブレコーダーに記録された映像に、
速度を上げながら走行を続ける様子が映っていた

・現場を見ていた通行人から「速度がかなり出ていた」
「ブレーキをかけた音が聞こえなかった」など多数の証言有り

・現場付近の防犯カメラにも
猛スピードで通行人をはねていく様子が映っていた

また、飯塚幸三は事故直後に息子に電話をかけ
「アクセルが戻らなくて、人をいっぱいひいた」
と話していましたが、事故車両のエアバッグは
正常に作動しており、社内にもアクセルの動きを
阻害するようなものはなかったとのことです。

車両自体にもアクセルおよびブレーキの不備はなく、
警察は現時点で「ガードレールに接触後
事故を起こしたことでパニックに陥り操作を誤った」
と考えているようです。

飯塚幸三・池袋プリウス暴走事故について

飯塚幸三が起こした池袋プリウス暴走事故について
現段階で判明していることのまとめです。

・飯塚幸三の自宅住所は東京都板橋区弥生町の某マンション

・飯塚幸三が逮捕されない理由は「証拠隠滅・逃亡のおそれがない」
からとされているが実際には不明

・飯塚幸三・事故の原因は「最初の接触でパニックを起こしたから」
であり車両不備ではない

以上、飯塚幸三が起こした池袋プリウス暴走事故について
飯塚幸三の自宅住所の考察や
逮捕されない理由(職歴・叙勲)、
池袋暴走事故の原因に関するまとめでした。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする