お魚グリル(猫のおやつ)通販・取り寄せや価格は? 販売店舗(猫カフェ)場所・アクセス紹介【高知県矢井賀(やいが)】




こんにちは! 管理人の悠木です。

3月8日放送「坂上どうぶつ王国」では、
高知県矢井賀(やいが)という港町で
おばあちゃんが作った猫のおやつ「お魚グリル」が紹介されます。

通販・取り寄せでも好評で現在予約1ヶ月待ちの
大人気おやつ「お魚グリル」ですが、
千葉・浦安の保護猫カフェ「猫の館ME」でも
購入可能で、他にもターキーを使った
「七面鳥グリル」が販売中なんだとか。

今回は高知県のYaikaファクトリーが開発した
手作り猫のおやつ「お魚グリル」や
「七面鳥グリル」について、通販や取り寄せ、
販売店舗である保護猫カフェの場所やアクセスなど
気になることをまとめてみました!

坂上どうぶつ王国にお魚グリル(猫のおやつ)登場

3月8日放送「坂上どうぶつ王国」にて、
「限界集落で作られた大人気猫のおやつ」として
お魚グリルが紹介されます。

お魚グリルは通販・取り寄せが可能なのですが
現在3月・4月販売分共に予約が完売しており
予約1ヶ月待ちの状態となっています。

坂上どうぶつ王国で紹介されて、
より注目度が増すことが予想されます。
気になる方はお早めの注文がおすすめです。

スポンサードリンク

猫のおやつ「お魚グリル」とは?

出典:Yaika Factory 

お魚グリルとは、高知県にある
矢井賀(やいが)という港町のおばあちゃんたちが
地元でその人れた魚を丁寧にグリルし
真空パックして作ったおやつです。

魚の種類は猫が好んで食べるものを厳選。
魚はとれたもの、天然素材をそのまま使用しており
体に優しく安全なおやつです。

ちなみに、街の名前は矢井賀(やいが)なのに
「やいかファクトリー」という名前なのは
地元の人はみな矢井賀を「やいか」と読み、
その可愛い呼び方をもっと知ってもらいたい
という思いもあって「やいか」と名付けたそうです。

お魚グリルの原料は地元でとれた、
市場で売るには小さすぎる魚。

おばあちゃんたちに作業をお願いすることで
地元に雇用を生み出し、売り上げの一部は
猫の保護活動に貢献するために利用……という
携わる人みんながハッピーになるという
ビジネスのお手本みたいな取り組みなんです。

この仕組みは本当に素晴らしいと思うので
ぜひぜひより多くの人に知ってもらって
このプロジェクトを応援する人が増えたらいいなぁ
と思っています。

【NEXT】お魚グリルの通販や販売店舗の場所・アクセスは?

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする