ホワイト餃子(高島平)は通販可能! マツコ注文メニューや場所(アクセス)は?【夜の巷を徘徊する】

こんにちは、管理人の悠木です。

1月31日放送「夜の巷を徘徊する」では
マツコ・デラックスさんが
板橋区高島平付近を徘徊します。

番組では、マネージャーが
子供の頃に通っていたという餃子専門店
「ホワイト餃子」にマツコさんが来店。
予告を見てみると、なんとマツコさん一人で
40個も餃子を注文したみたいです。

というわけで、ホワイト餃子(高島平店)について
メニューやアクセス、通販についての
情報をまとめてみました。

ホワイト餃子(高島平)にマツコ来店

出典:夜の巷を徘徊する

「ホワイト餃子 高島平店」に訪れたマツコさんが
注文したのは、看板メニューの「焼き餃子(10個480円)」。

餃子が大好物というマツコさん。
まずは定番の醤油とラー油で
餃子をいただきますが、そのうちお店のお客さんから

マスタードと一味唐辛子を混ぜて食べると美味しい

と教えてもらい、
初めての組み合わせを試すことに……。
マスタードと一味って、辛味&辛味で
口の中がやばいことになりそうなんですが
大丈夫なんですかね!?

いまから放送内容が楽しみです。

スポンサードリンク

ホワイト餃子(高島平店)について

出典:ホワイト餃子店

ここで提供している餃子は
他と提供している餃子と焼き色は似ています。

では一体何がそこまでの話題を生んだのか、
気になりますよね?

さてここからが本題です。
このホワイト餃子高島平店では、
餃子はもちろんの事、キンキンに冷えたビールや
その他おつまみのもやし、
キムチ各種なども提供しています。

ふーむ、ここまで聞いても
一体どこが他と違うのか分かりませんよね。

実はここの餃子、ほかの餃子屋さんで
見かけるような餃子ではなく、
ちょっと変わった形をした餃子なんです。

具体的にどんな形かというと、
俵のような、だんごのような…
とにかく、私が普段食べたり見ている餃子とは
形が全くと言ってもいいほど違うんですね。

マツコさんも予告で「アメリカンドッグみたい」
と仰っていましたが、
分厚い皮を揚げ焼きすることによって
この独特な餃子が完成するようです。

口コミを見てみると、皮が厚いらしく、
見た目も食感も独特なものなんだとか。

はぇ~こんな餃子があるなんて…

スポンサードリンク

ほかの口コミでは、焼き立てを
白いご飯と一緒にいただくのがベストなんだとか。

焼き立てとか、白いご飯とか
お腹の減るようなワードばかりですね!

ちなみに、ここではこの厚皮焼き餃子とは別に
水餃子提供しているようですが、
こちらの口コミはあまり見かけませんでした。

ホワイト餃子といえば焼き餃子!
と公式ホームページにも記載があったので、
看板メニューはやっぱり焼き餃子のようですね。

ちなみにこれは豆知識ですが、
餃子が誕生したばかりの時は、
焼き餃子よりも水餃子の方が主流だったんです。

しかも餃子はおかずとしては食さず、
主食として一度にたくさん食べていたんだとか。
たまには焼き餃子だけでなく、
水餃子にも手を伸ばしてみるとまた新しい
発見があるかもしれません。

【NEXT】 ホワイト餃子は通販可能! お店の場所は?

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク