ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
おでかけスポット紹介

レビジャヒヘド諸島はどこにある? 行き方(アクセス)、クルーズもあり!【世界遺産】

 

こんにちは、管理人の悠木です!
本日5月13日放送の「世界遺産」では、
メキシコ・レビジャヒヘド諸島が紹介されるそうですね。

 

2016年7月17日に世界遺産に登録されたレビジャヒヘド諸島は、
メキシコのガラパゴス」と呼ばれるほど
独自の生態系の発達した場所です。

 

一体どこにあるのか? 日本からのアクセスはどうなのか、
気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

一体どこにあるの?

 

サンベネディクト島(出典:Wikipedia

 

レビジャヒヘド諸島は、メキシコにあります。
太平洋をフェリーで30時間進んだ先にある孤島です。
主な島は4つ。
サンベネディクト島、ソコロ島、
ロカパルティーダ島、クラリオン島です。

 

今回番組予告で「ギザギザしている」「奇妙な模様がある」と紹介されたのが
サンベネディクト島。有人島であり、面積が一番大きいのはソコロ島です。
クラリオン島には海軍基地があり、ダイビングには軍の許可が必要です。
ツインピークスと呼ばれる大きな岩があるのがロカパルティーダ島です。

日本からメキシコまでは、経由ルートにもよりますが
直通でも12時間から13時間程度。
メキシコシティからレビジャヒヘド諸島へのフェリー、
クルーズ船などに乗ることのできるサンホセデルカボ港まで移動し、
そこから船での移動が30時間程度あります。

 

1 2