紀平凱成(きひらかいる)wiki風経歴! 動画やコンサート紹介【仰天ニュース】




こんにちは! 管理人の悠木です。

皆さんは、現在17歳のピアニスト
「紀平凱成(きひらかいる)」さんをご存知でしょうか?

以前からその卓越した技術と
素晴らしいピアノ演奏や作曲の才能によって
世間の注目を集めているんです。

実際、私も彼の演奏を動画で拝見したのですが
思わず聞き入ってしまう素晴らしい演奏でした。

また、1月29日放送の
「ザ!世界仰天ニュース」に出演されるということで
予告公開の段階から話題になっているようです。

View this post on Instagram

1/29(火)の日本テレビ21時~ 「ザ!世界仰天ニュース」に出演します!スタジオで演奏させてもらいました。超楽しかったです。ぜひ見てくださいね!鶴瓶さんも中居さんも優しかったです! I’ll appear on a popular TV programme next Tuesday. I so much enjoyed to play the piano at the TV studio. Please check it! #ザ世界仰天ニュース #カプースチン #仰天ニュース #kapustin #ピアニスト #笑福亭鶴瓶 さん#中居正広 さん #尾上松也 さん #清原果耶 さん #DAIGOさん #竹山隆範 さん #千鳥さん #安田美沙子さん #紀平凱成

紀平凱成 キヒラカイルさん(@kihirakyle)がシェアした投稿 –

17歳という若さでここまで注目される
紀平さんですが、いったいどんな方なんでしょうか?
経歴や演奏動画など、気になる情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

紀平凱成(きひらかいる)wiki風経歴まとめ


出典:紀平凱成公式HP

名前:紀平凱成(きひらかいる)
年齢:17歳(高校2年生/2001年生まれ)
学歴:トリニティ・カレッジ・ロンドン(学士資格取得)

16歳でイギリスにある音楽大学
「トリニティ・カレッジ・ロンドン」にて上級認定を取得。
その後、高い音楽能力と将来性を認められた
限られた数人にしか与えられない「奨励賞」を受賞し、
17歳にして学士資格を取得しました。

日本の大学システムでたとえるなら
「学士資格取得=大学卒業」なので、
紀平さんの最終学歴は現在17歳にして
イギリスの権威ある音楽大学を卒業、
ということになります。

活動場所が国内外多岐にわたることもあり、
活動名義には英語表記の
「Kyle Kihira」を使用することも多いです。

スポンサードリンク

紀平凱成(きひらかいる)さんの自閉症や感覚過敏について

番組でも紹介されるようですが、
紀平さんは2歳のころに「自閉症」と診断されます。

その頃、紀平さんのお母さんが
コミュニケーションの一環として
落書き帳を与えたところ、
数字やアルファベット、熟語や
和音(コード)名に興味を持ち、
書いて遊ぶようになったんだとか。

次第にロックやジャズなどの音楽に
興味をもちはじめ、年長の頃に
はじめて弾き語りをしていました。

一度聞いただけの曲や
英語の歌詞までまるごと覚えてしまう、
といったことが可能なんだそうで、
小学校入学以前から英語の曲を歌ったり
エレクトーンで演奏したりと
音楽に親しんでいたそうです。

youtubeに動画が投稿されていましたが、
このころからジャズ系の曲が好きだったみたいですね。
10歳の頃に参加したピアノの演奏会でも
Billy Joel のRoot Beer Ragを演奏しています。

紀平さんは、小学校1年生の頃に
「ピアニストになりたい」と宣言。
その後5年生で聴覚過敏を発症しながらも
音楽活動を精力的に続けてきました。

聴覚過敏とは、食器がこすれる音や
電車の音、小さい子供の声などに
非常に敏感に反応してしまう……といいますか、
「耐えがたいほど苦痛に感じてしまう」
症状のことです。

以前聴覚過敏の方について
お話を聞いたことがあるのですが、
特定の音について(ほとんどの音、という方もいます)
聞くとまるで冷たいアイスピックで
脳を直接刺されているような感覚
がしたり
実際に「痛い」と感じる程苦痛を覚えるんだそうです。

「うるさく感じる」とか、「耳の感覚が鋭い」とか
そういったレベルではないんですね。
音を聞いて大けがをしているようなものです。

スポンサードリンク
人によって症状の程度が異なるので、
紀平さんがどういった傾向の聴覚過敏なのかは
推しはかることしかできませんが、
かなり大変な症状であることは確かだと思います。

聴覚過敏の方は
特に高音域について過敏になる
傾向があるようなのですが、
紀平さんもご自身が弾くピアノ曲の中で
特定のフレーズや高音に反応してしまうことがあり
練習中はイヤーマフを装着することも。

そんな紀平さんですが、練習と訓練を続け
感覚過敏については徐々に克服しているとのこと。
人前での発表についても日々訓練しているそうで
コンサートや演奏会なども積極的に行っています。

【NEXT】 紀平凱成さんの演奏動画やコンサート情報!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする