ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
いきもの

オーストリア・ウィーンのヤンヤン(パンダ)絵の描き方・動画や販売価格がすごい【シェーンブルン動物園】

こんにちは、管理人の悠木です。

 

2018年夏頃、オーストリア・ウィーンにある
シェーンブルン動物園で「絵を描くパンダ」が
話題となりました。

 

「ヤンヤン」という名前の雌パンダなのですが
なんと竹でできた絵筆を使って
100枚もの抽象画を描いたんだとか。

 

このパンダについて気になったので、
どうやって絵を描いているのか?
絵の販売価格や動物園の場所など
情報をまとめてみました。

 

パンダのヤンヤン

出典:産経フォト

名前:ヤンヤン(陽陽)
性別:メス
年齢:18歳

 

2016年に双子の赤ちゃんを出産したことでも
話題になったヤンヤンですが、
絵を描き始めたきっかけは
ふとした時に飼育員が絵筆を持たせたこと。

 

絵を描くゾウは有名ですが、
パンダも絵を描くことができるとは驚きです!
実際、ヨーロッパではヤンヤンの描いた絵が
大評判となり、購入希望者が殺到したようです。

 

ヤンヤンの絵はインターネットショップや
動物園のお土産物屋さんで販売され、
収益はシェーンブルン動物園の出版する
「パンダの絵本」制作費に充てられるそうです。

 

スポンサードリンク

シェーンブルン動物園の場所は?

 

シェーンブルン動物園は
ウィーンのシェーンブルン宮殿の
敷地内にある動物園です。

 

駐車場はあるのですが週末はすぐに満車になるため
遊びに行く際は公共交通機関が
おすすめなんだそうです。

 

営業時間・料金は?

基本的に、朝9:00のオープンから
日没まで営業しているようです。
季節によって閉園時間が異なるため、
来園の際は注意が必要です。

 

11月〜1月:9:00〜16:30
2月:9:00〜17:00
3月・10月:9:00〜17:30
4月〜9月:9:00〜18:00

 

休園日:なし

 

また、14歳未満の子供は
大人が同伴しないと入園できないそうです。
日本よりもそのあたり厳しいみたいですね……!

 

入園料は大人1人あたり20ユーロ(約2,500円)。
6歳以下の子供は無料で入園できます。

 

【NEXT】 ヤンヤンが絵を描く様子は?(動画あり)

1 2