ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
グルメ情報

練馬大根の通販はある? 販売場所や時期、種は? 練馬大根スパゲッティは給食の定番?

 

こんにちは、管理人の悠木です。

 

みなさんは「練馬大根」ってご存知ですか?
私は練馬区生まれの友人が数人いまして、
その人たちから噂をたまに耳にする程度でした。

 

ですが練馬大根の話題になると決まって
「給食で食べた」「スパゲッティだよね?」という
わけのわからない供述がなされるので、
練馬大根ってなんなんだ? と思って数年が経っています。

 

最近テレビで紹介されたということで
あらためて練馬大根について調べてみたところ、
思っていたよりはるかにレア物でした……。

 

今回はそんな練馬大根について、
通販はあるのか? 販売場所や時期は? などなど
気になる情報をまとめてみました。

 

「ごはんジャパン」で練馬大根を使って
おでんを作った舩大工栄さんについてはこちら

あわせて読みたい
船大工(ふなだいく)栄さんのおでん店「大多福(おたふく)」の場所・アクセスは?【ごはんジャパン】※記事タイトルの苗字「船大工」の表記は 正確には舩大工です。 こんにちは、管理人の悠木です。 1月19日の...

練馬大根とは?

出典:出張DASH村

 

練馬大根とはその名の通り練馬区の特産品で、
実は江戸時代から栽培されていたという
歴史ある野菜なんです。
「江戸野菜」なんて呼ばれ方もされます。

 

いま市場に出回っている大根は
「青首大根」と呼ばれるもので、
品種改良の結果どんな料理にも合うように
辛味をおさえた味になっています。

 

しかしこの練馬大根は江戸時代の味そのまま、
遠慮手加減一切なしの辛味が特徴です。

 

ふつうの青首大根でも、葉っぱに近いほうは甘く、
先端に向かって細くなるほう(下半分)は
辛味が強くなっています。

 

その辛味をさらに強くした感じです。
食べなれない人は
びっくりするかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

なんと市場に出回っていない

 

練馬区の特産でありながら、
昭和30年頃から生産量が減り、
現在ではほぼ市場には出回らず「幻の大根」と
呼ばれることも。

 

Amazonや楽天などの通販情報も調べたのですが
販売しているお店を見つけることができませんでした……。
残念ですが、本当に幻の野菜のようですね。

 

通常の大根と比べてかなり長く重いため、
生育や収穫に手間がかかるのが原因の1つ。
また、販売していたとしても
長すぎて持ち帰るのが大変というのも
現在あまり市場に出回らない理由の1つだといいます。

 

余談ですが、練馬大根は通常の大根と比べても
すらっとして細めな形が特徴的ですよね。
江戸時代はこちらのフォルムが主流だったため、
「大根足」というのは昔(江戸時代前期)は
「すらっとした、色白の綺麗な脚だね!」という
褒め言葉だったそうですよ!

 

【NEXT】 練馬大根の販売場所、スパゲッティについて!

1 2