マグロを中学生が捕獲! 部活や学校は? 【鹿児島県奄美市笠利町】

こんにちは、管理人の悠木です。

1月8日午後、鹿児島県奄美市の中学生が
素手で格闘の末マグロを捕まえたという
ニュースが話題となっています。

今回はこの件について、
中学生の部活動やネット上の反応をまとめてみました!

キハダマグロを素手で捕獲!


出典:yahoo!ニュース

鹿児島県奄美市笠利町の中学生2人が8日午後、同町赤木名海岸に迷い込んだマグロを素手で「確保」した。獲物は174センチ、97・6キロの大物。ご相伴に預かった住民は大喜び。2人は「あまりの大きさに、びっくりした」と笑顔で話した。

大物を確保したのは赤木名中学校3年の男子生徒。2人はこの日午後2時ごろ、赤木名海岸へ向かった。海岸で遊んでいた小学生が「サメがいる」と騒いでいたので見ると、サメではなく、マグロだった。

浅瀬だったこともあり、2人は「確保」を決意。近くに道具が見当たらなかったため、パンチとキックでマグロに立ち向かった。マグロは当然、暴れたが、しばらくすると、弱ってきたため、海岸にあったロープをマグロの尻尾に巻きつけて陸揚げした。

出典:yahoo! ニュース

なんと中学生2人がマグロを素手で確保。
道具がなかった→パンチとキックで
マグロに立ち向かう……なんて漫画みたいですね!

マグロは全長174センチ、重さは97.6キロの大物。
1時間の格闘の末釣り上げたとのことです。

ちなみに、今日の奄美の気温は最高気温17℃、
最低気温は14℃。この寒いのに海でマグロと戦って
大丈夫なのか!? と思っていたのですが
こんな気温なら案外平気かもしれませんね。

スポンサードリンク

マグロを確保した中学生

出典:yahoo! ニュース

写真左:山下直斗さん(15歳)
写真右:碇山聖純(あずみ)さん(14歳)

マグロを確保した中学生はどちらも
奄美市立赤木名中学校の3年生。

碇山さんは今年の7月に開かれた
空手の県大会に出場していたので、
おそらく空手部所属なのではと思われます。

浅瀬とはいえ泳ぐマグロを素手で捕まえるのは
すごい……と思っていたので、
空手部所属なのは納得でした。

ネット上の反応

今回の件に関するネット上の反応をまとめてみました。

https://twitter.com/utadagasukiii/status/1082922200976351232?s=21

素手でマグロを捕獲するなんて
なかなかできる経験ではないので
素直に「すげー!!」と思います!!

以上、奄美の中学生が素手で
マグロを捕獲した件についてのまとめでした。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク