晴季の立体切り絵、画像がすごい! ペーパークラフト作品まとめ

こんにちは、管理人の悠木です。

最近SNSで話題沸騰の、お菓子箱で作った立体アート。
精巧さに驚くばかりですが、
この作品を制作しているのは
なんと神戸の大学生なんだとか!

調べてみると、見慣れたお菓子の空箱が
素晴らしい立体アートになっている姿がたくさん!
この作者さんは一体どんな人なのか、
今までの作品はどんなものがあるのかなど
気になる情報をまとめました!

晴季さんプロフィール

氏名:河口晴季
在籍:神戸芸術工科大学
学科:アート・クラフト学科(3回生)
Twitter:@ 02ESyRaez4VhR2l

晴季さんは神戸芸術工科大学の3回生で、
制作した立体切り絵(ペーパークラフト)作品を
主にTwitterで公開していらっしゃいます。

作品公開は2016年ごろから行なっていますが、
特に有名なのが「お菓子の空箱で作った」シリーズ。

見慣れたお菓子の空箱が精巧な飛空挺に!
この作品の完成度が話題を呼び、
最近はメディア出演も多くなっています。

11月4日には「アッコにおまかせ!」で紹介され、
12月25日には「ソノサキ」でも
作品が紹介されています。

今後の活動からも目が離せませんね!

スポンサードリンク

作品まとめ

晴季さんがTwitter上で公開されている
作品をピックアップしてまとめてみました。

晴季さんはTwitterで
プリングルスの空箱を使ったペーパークラフトを
作成しており、その後プリングルスから
アソートセットが届いたそうです!
これはすごい……!

そしてプリングルスから届いたアソートセットで
晴季さんが作った作品がこちら。

立体的な造形はもちろん
ポーズにも非常にこだわっているのがわかります……!

服のシワなんて特にあの空箱の材質で
表現するのは難しいと思うのですが
一体どうやって作っているんでしょうか……!?

こちらはチョコレートの空箱で作った自動車。
ホイールをはじめとした曲線の表現が
素晴らしいの一言です……!

【お菓子以外】

お菓子の空箱アート以外にも
立体アート作品ですごい! と思うものをまとめました。

厚紙で作った拳銃など本当に細部までこだわっていて
すごい!! しか言葉が出ません……!

今後の活躍にも期待ですね!
以上、立体切り絵制作者「晴季」さんについて
プロフィールや作品画像のまとめでした!

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク