マイケル・コブリグ氏(元カナダ外交官)が中国で拘束、ファーウェイの報復?




こんにちは、管理人の悠木です。

ロイター通信によると、
元カナダ外交官のマイケル・コブリグ氏が
中国にて身柄を拘束されたとのことです。

1日にカナダで中国通信機器大手、
華為技術(ファーウェイ)の幹部が拘束された件の
報復ではないかとする見方もありますが、
関連は不明とされています。

今回はこの件に関して、
現在まででわかっている情報をまとめました。

マイケル・コブリグ氏

出典:Yahoo! ニュース

マイケル・コブリグ(Michael Kovrig)氏は
香港や北京に外交官として滞在・勤務した経験があり、
現在は民間の研究機関
「国際危機グループ(ICG)」で
北東アジアのアドバイザーを務めていました。

コブリグ氏の所属する
国際危機グループは報道に対し、
「所在確認と安全の確保のため、
情報収集に全力を尽くす」との声明を発表しました。

また、カナダのジャスティン・トルドー首相も
この件について意見を述べています。

「中国でのカナダ人1人の状況については
把握している。中国側と直接連絡を取っている」
とのことで、カナダ政府はこの問題を
非常に深刻にとらえているとのことです。

ネット上の意見

今回の件に関するネット上の意見をまとめました。

<記事は現在編集中です>

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする