日野湧也(わっきゃい)wiki風プロフィール! キャップ投げ動画あり! 京大キャップ投げ倶楽部とは?




こんにちは、管理人の悠木です。

12月1日放送「炎の体育会TV」は
松坂大輔が全力ピッチングで超本気になったSP!
番組ではボトルキャップ野球と題し、
ペットボトルの蓋をボールに“11種類の魔球”操る
京大生ピッチャーが参戦します!

ペットボトルのフタを投げるのに
11種類の魔球とはいったい……?
気になったので詳しく調べてみることにしました!

日野湧也(わっきゃい)さん


出典:twitter

氏名:日野湧也(ひのわくや)
生年月日:1998年8月3日(20歳)
在籍:京都大学(法学部)2年生
所属:キャップ投げ倶楽部代表

SNS:@wildkumada

動画:わっきゃい

Youtuber「わっきゃい」としても活躍中の
日野さんは、現在京都大学に在籍中。
「キャップ投げ倶楽部」代表として日々キャップ投げの技術を磨き
日本や世界にその魅力を発信するべく活動しています。

12歳の時に初めてキャップを投げてからというもの
その魅力に取りつかれ、現在ではキャップ投げ競技の
第一人者と呼ばれるほどの腕前に。

2018年10月にはイタリア・トリノで開催された
ジャパンウイークに参加し、日本文化のひとつとして
キャップ投げを実演したんだそう。
実質日本代表としてキャップ投げを披露したという事で
日野さんのキャップ投げ技術が国際的に
認められる日も近いのでは……!?

どんなに忙しくても、毎日必ず20分以上練習する」と
己に課しているという日野さん。
高校卒業まではお父さんと共に
アメリカに住んでいたという事ですが、
アメリカでも練習に夢中になり
5時間以上キャップを投げていたこともあるんだとか。

日本での大学進学を目指し、
単身日本に渡った時一番衝撃を受けたことが
「日本とアメリカのペットボトルキャップの違い」
だったといいます。ほんとにプロだ……。

アメリカのキャップは日本のものよりも
平たくて大きく、小さいフリスビーに近い形状なのだとか。
日本のキャップはそれに比べれば深い作りになっているので
確かにアメリカのものよりも投げづらいのかも……?

受験勉強中も特訓を重ね、
現在は大学で「京大キャップ投げ倶楽部」の代表として
そして「キャップ投げ創始者」として活動しています。

【NEXT】キャップ投げの動画紹介!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする