ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
グルメ情報

アマゴの味、生態は? 釣るならどこ?【満天青空レストラン】

こんにちは! 管理人の悠木です。
5月5日放送の「満天☆青空レストラン」では、
宮川大輔さんと青山テルマさんが岐阜県で「アマゴ」を釣るそうです!

 

清流の女王とも呼ばれるアマゴ、あまり聞きなれないお魚なのですが
予告動画を見るとこれもうめちゃくちゃ美味しそうじゃありませんか……!

 

一体どんな味がするのか? 釣れるとしたらどこなのか?
気になったので調べてみました!

 

 

スポンサードリンク
 

 

アマゴとは

 

出典:WEB魚図鑑

サケ目サケ科の魚で、サツキマスとは同種です。
ですが、アマゴは生涯を生まれた川で過ごすのに対し、
サツキマスは一度海に下って成長するという点に違いがあります。

海に下ることがないため、サツキマスに比べると小型。
天然ものはおおよそ20cm程度の大きさです。
(養殖用に育てられたものは1kgを超える大きさに育つこともあります)

 

今回取り上げられたのはアマゴ。
長野県などではアメノウオ、アメと呼ばれて親しまれてきました。
西日本を中心に養殖ものが流通していて、
スーパーなどで手軽に手に入れることのできる川魚だそうです。

 

ヤマメのような黒い斑点、
そしてその上に散らばるようにして朱色の斑点が見られます。
アマゴの特徴は「パーマーク」で、淡青色で楕円形の斑紋です。
ヤマメとの違いは「朱色の斑点があるかどうか」。
ヤマメにも「パーマーク」はみられるので、実質、見た目の違いはこの赤い斑点だけです。

 

アマゴはどんな味?

 

出典:あまご三昧 竜王山

捌いた身は予想以上にサケにそっくり。
写真を見てもサケにしか見えません、おいしそうです……!

川魚はにおいがちょっと……という方にも食べやすい、
あっさりとした癖のない味だそうです。めっちゃおいしそう。
から揚げ、塩焼き、刺身などでいただくのがおいしい食べ方。
試してみたい! と思ったので通販できないか調べてみたところ、
こちらのお店で10匹セット2,480円で販売されていました。
気になった方はお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?

 

釣るならどこがいい?

アマゴはヤマメなどと同じく、河川の上流付近で狙う「渓流釣り」で狙う魚です。
アマゴ釣りで有名な場所の一例がここ。

 

亀尾島川(きびしまがわ):岐阜県郡上市・大和町内ヶ谷付近
遠山川:長野県
小河川:静岡県・伊豆半島

 

今回宮川さんが訪れたのは岐阜県郡上とのことなので、
おふたりが釣りをしていたのは亀尾島川である可能性が高いです。
釣り好きの方はご自身でアマゴを狙ってみるのも楽しいかもしれません!

 

いかがでしたか?
調べてみたら予想以上においしそうでびっくりしました……!
食べやすいと評判のアマゴ、ぜひ実際に召し上がってみてくださいね!