西田精麦で事故! 現場(工場)はどこ? 梅木翼さんがベルトコンベヤーに腕を挟まれ死亡【熊本県八代市新港町】




こんにちは、管理人の悠木です。

11月23日午後、熊本県八代市にある工場で働く男性が
ベルトコンベヤーに腕を挟まれる事故が発生しました。

男性は搬送先の病院で死亡が確認されています。
今回はこの事故について、現場や経緯など
現在まででわかっている情報をまとめました。

事件の概要


出典:RKK NEWS

23日午後、八代市の工場でこの工場で働く男性が機械に腕を挟まれその後、死亡しました。
死亡したのは熊本市中央区の会社員梅木翼さん(32)です。
警察や関係者によりますと23日午後0時20分ごろ八代市新港町にある西田精麦の社員から「男性がベルトコンベヤーに腕を挟まれ、意識がない」と119番通報がありました。
両腕を挟まれた梅木さんは意識不明のまま病院に運ばれましたが約2時間半後に死亡しました。
工場は祝日のきょうも操業していて、午前中は梅木さんを含む3人で作業していましたが、事故当時、梅木さんは一人で作業中で、機械の清掃をしていたと見られています。

出典:RKK NEWS

事故当時、梅木さんは一人で機械の清掃をしていたと
みられていたそうで、メディアの報道でも
詳しい原因については詳細な情報がありませんでした。

しかし、清掃作業中に何らかの原因で機械が作動し
今回の事故が発生したことは間違いないと思います。

その原因が何だったのか、
機械の誤動作かもしくは人的ミスなのか
警察の捜査で詳しい内容が明らかになり
今後同じような事故が起きることを
防止することに繋がればと思います。

スポンサードリンク

現場(工場)はどこ?

事故が起きた現場は、八代市新港町にある
西田精麦株式会社の工場でした。

〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4
西田精麦株式会社

西田精麦といえば、2018年4月に
豪州産はだか麦の一部原料ロットで
基準値を超える残留農薬が検出され、
商品を一部回収するという事態が起きた工場です。

健康への悪影響はなく、安全性に問題はないのですが
前回は残留農薬の基準値超過、
今回は社員の死亡事故となると
企業としての体制や仕組み、
社内ルールの徹底や社員管理などに問題はないのか
心配になってしまいますね……。

事故の原因や機械の作動理由なども含め、
今後の詳しい報道や発表に注目していきたいと思います。
以上、熊本県八代市の西田精麦で発生した
死亡事故についての速報でした。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする