ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
トリビア

おうし座北流星群(2018)の方角・時間は? 観測のポイントは?

こんにちは、管理人の悠木です。

 

11月12日〜11月13日ごろにかけて、
おうし座北流星群が見頃を迎えます。
今回はこの流星群について、星がよく見える方角や
時間、観測のポイントなどについて
情報をまとめました。

 

おうし座北流星群の観測可能地域


出典:ウェザーニュース

今年のおうし座北流星群観測可能地域は
上図のようになる予報です。

 

現在日本付近で発生している低気圧や寒気の影響で
全国的に曇りや雨が多く、天候状態から
東京や神奈川など太平洋側の一部地域を除き
観測は難しい状況だそうです。

 

ただし、おうし座北流星群は活動のピークが
非常になだらかなため、13日以降も数日間は
観測のチャンスがあります。

 

12日・13日に天候状態が悪くても
数日間(今週末くらいまで)はチャンスがあるので、
天気の良い日を選んでチャレンジしてみてくださいね。

 

方角・時間は?

出典:星座を見つけよう

 

おうし座がある方角はです。
探すときはオリオン座を目印にしましょう。
オリオン座の3つ並んだ星から西の方を見ると
赤い色をした「アルデバラン」という星があります。
そこからV字に連なった星々がおうし座です。

 


出典:ウェザーニュース

 

流星群の放射点は写真の位置です。
流星群は上記の放射点から四方八方に流れていきます。

しかし、放射点に近ければ近いほど
沢山見えるというわけではなく
広い範囲に星が流れていくため、観測する際は
空を広く見るようにしましょう。

 

天候がよく観測がうまくいけば、
現在活動している他の流星群(おうし座南、しし座)も
含めて1時間に10個程度の流れ星が期待できそうです。

 

この流星群は他と比較して流れる速度が遅く、
火球と呼ばれるひときわ明るい流星が
発生しやすいという特徴があります。

 

天気が良ければ十分観測のチャンスがありますので
ぜひこの機会に観測してみてくださいね。

 

以上、おうし座北流星群(2018)の
観測情報まとめでした!