ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
いきもの

クマバチの生態は? かわいい動画と捕まえ方を紹介! 【昆虫すごいぜ!】

こんにちは! 管理人の悠木です。
本日めでたく4時間目を迎えるカマキリ先生の「昆虫すごいぜ!
今回のテーマは「クマバチ」!

 

春になると爆撃機のような音を立てて飛んでいることがあるので
道行く人にびっくりされる率No.1のクマバチですが、
実はとーってもかわいい上に面白い生態をもった昆虫なんです!

 

放送でカマキリ先生がたっぷりその魅力を伝えてくれましたが、
ハチ好きな管理人、気になってしまったので
今回はクマバチについてもう少し詳しく調べてみました!

 

スポンサードリンク
 

クマバチとは

 

虫が苦手な人に配慮し、
いらすと屋さんのかわいいイラストでお送りしております。

 

ミツバチ科クマバチ属の昆虫の総称。
実は500種以上がここに属していますが、
一般的には日本に広く分布しているクマバチ、
別名キムネクマバチのことを「クマバチ」「クマンバチ」と呼ぶことが多いです。

 

春先に、花の蜜をもとめて「ぶーん」と大きな音を立てて
飛んでいるのを見かけたことがある人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

番組でも紹介されましたが、雌雄は顔で判別がつきます。
メスは顔全体が黒く、ちょっと頭が大きめ。複眼がやや切れ長な形をしています。
一方のオスは、メスに比べて顔は小さ目。複眼は大きくまるいです。
またオスの複眼の周囲には白い三角形があるので、ここで見分けがつきやすいです。

 

地域によっては、オオスズメバチのことを「クマンバチ」とも呼ぶらしく
その影響もあってか、「怖い虫」「刺す虫」というイメージが
濃くなってしまっています……。

 

実際には、クマバチは花蜂(花粉や花の蜜を主食とするハチ)なので
ミツバチと同じく、人を襲うことはめったにありません!
とっても気性が穏やかで、そもそも人に関心を示すことすらないんです。
そして、針があるのはメスだけ。
というのも、針というのは排卵管の役目も担っているので
卵を産むことのないオスには、針はないんですね。

 

でも、手で摑まえたりすると一生懸命お尻を動かして
存在しない針で刺そうともがいている姿が見られることも……
あまり手で乱暴にしてはいけませんが、しかし可愛いですねクマバチ。

 

顔にぶつかられたことがあるんですけど……?

 

気性は大変おだやかなクマバチですが、
「ぶーん」と飛んでいる下を我々が歩いていると
たまに「べちっ!」とぶつかってくることがあります。

 

これは別に攻撃しているわけではなく
我々をメスのクマバチと勘違いしているんです。

 

春先に飛んでいるオスのクマバチは、
羽ばたいたまま空中にとどまっている(ホバリングしている)ことが多いです。
これはメスを探すための動きで、
ホバリングしているクマバチは動いているものを見ると
ひとまず近寄って「メスかな?」と確認する習性があります。
人間ほど目がいいわけではないので、そのまま近寄りすぎて
べちっとなってしまう衝突事故が春先によく発生するわけです。

 

ほんとうに人間を攻撃する気はみじんもないうえに、
動いてくる我々に近寄るのはほとんどがオスで針を持っていないので
慌てず騒がずそっと離れるようにしてくださいね。

 

1 2