栃木・足利市でイノシシ出没! 現場(場所)はどこ? 噛む力は強い?




こんにちは、管理人の悠木です。

10月29日朝、栃木県足利市の市街地で
選定作業をしていた66歳の男性がイノシシに襲われ
左手や右腕、臀部に重傷を負いました。

今回はこの件について、
現在までで判明していることをまとめました!

被害の概要

出典:yahoo! ニュース

29日午前8時20分ごろ、栃木県足利市巴町の住宅の庭で、庭木の剪定(せんてい)の準備をしていた同市大前町、シルバー人材センター会員の男性(66)がイノシシに尻や左手などをかまれる被害に遭った。男性は左手の親指を粉砕骨折するなど重傷となった。

県警足利署によると、イノシシは男性が抵抗すると、山林の方向へ走り去った。現場は市役所から約400メートル離れている、同市中心部の住宅街の一角。

同市中心部を流される渡良瀬川ではイノシシの出没が相次いでいる。

出典:iza

まさか市街地でイノシシに襲われることがあるなんてと
驚きました。1日でも早く怪我が治り
元の生活に戻れるよう願っております……。

現場はどこ?

出典:NHK NEWS WEB

報道によると、現場は足利市役所から
約200m場所にある住宅街の一角でした。
JR足利駅から北西約1kmの地点で、
近くには足利市役所の他に
足利織姫神社、足利短大などがある市の中心部です。

男性は襲われた際に剪定用の刃物で抵抗し、
イノシシは血を流して織姫公園方面の山林に
逃げたという情報があります。

イノシシの体長は約1.5mで、
男性は左手の指を粉砕骨折するなど重傷を負っています。
付近にお住いの方は充分注意をしてくださいね。

<記事は現在編集中です>

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする