ビヨン・ハイバーグの経歴や年収は? 包丁販売店の場所(アクセス)、価格を紹介!【マツコの知らない世界】




こんにちは、管理人の悠木です。

10月16日放送「マツコの知らない世界」では、
日本人より包丁に詳しいカナダ人として
包丁専門店経営者、ビヨン・ハイバーグさんが登場!

和包丁に魅せられ、その魅力を世界中に広めたいという
ハイバーグさん。業界では大変な有名人でした!

今回はそんなハイバーグさんについて、
今に至るまでの経歴や年収、
お店の場所についても調べてみましたよ!

スポンサードリンク

ビヨン・ハイバーグ


出典:LOFT

名前:ビヨン・ハイバーグ
年齢:47〜48歳
出身:デンマーク(デンマーク生まれのカナダ人)

23歳で来日し、日本人女性と結婚。
その後英語教師などを経てヤスリ業者として働いていた頃、
大阪府堺市のお土産としてもらった
和包丁の切れ味に感動。

その後ハイバーグさんは刃物メーカーに転職。
9年間勤務し日本各地の包丁職人と出会い、
その技を目の当たりにして来ました。

夢は「世界中のキッチンで和包丁が使われること」
と語るビヨンさん。職人ではなく、
和包丁を販売する側になろうと思ったのには
ある思いがあったそうです。

「自分が職人になるのは、とても無理だと思いました。その代わりに和包丁の魅力を世界中に伝えようと考えました。それは、包丁屋の販売員たちの説明が、私から見ると下手くそだったからです(笑)。全然、和包丁の魅力を伝えられていません。特に外国人が来ると、しどろもどろになって逃げていってしまう。だから、自分で刃物専門店を始めたのです」(ビヨンさん)

出典:nippon.com

2011年、大阪府堺市の新世界に、
和包丁専門店「Tower Knives Osaka」をオープン。
国内外から来客の絶えない人気店となりました。

2015年には東京スカイツリータウン4Fに
「Tower Knives Tokyo」をオープン。
刃物の販売だけでなく、使い方を教えてくれたり
研ぎのサービスも請け負ってくれます。

丁寧な接客や確かな品質が話題となり
2016年の段階で年商1億円を突破。
国内外に和包丁の魅力を伝えるお店として
高い支持を集めています。

【NEXT】TOWER KNIVES 各店舗の場所は?

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする