【茨城県土浦】花火大会で事故! 動画あり。原因や今後は?




こんにちは、管理人の悠木です。

10月6日夜、茨城県土浦市で行われた花火大会にて
花火が地上付近にて破裂。
男女10人が病院に搬送される事故が発生しました。

今回はこの件について、
動画や経緯など気になる情報をまとめました。

スポンサードリンク

事故の概要

出典:毎日新聞

6日夜、茨城県土浦市で開かれていた花火大会の会場で打ち上げ花火が地上付近で破裂し、警察や消防によりますと、子どもを含む男女あわせて10人がやけどなどの軽いけがをしました。
警察が当時の詳しい状況を調べています。

出典:首都圏WEB NEWS

事故が発生したのは、茨城県土浦市の
河川敷で開かれていた「土浦全国花火競技大会」です。
この花火大会は全国から56もの業者が参加して
行われていたもので、今年で87回目を迎える
人気の花火大会です。

今回は県内外から約75万人もの観客が集まっており
人気の高さが伺えます。

今回の事故では9歳から66歳までの
男女合わせて10名が軽い火傷などの怪我をし、
病院に搬送されたということです。

事故が発生したのは午後6時半ごろ。
花火大会は6時ごろから行われていて、
事故の後、風が強まり観客の安全が確保できないとして
午後7時40分ごろに中止となりました。

事故の後も花火大会は続行していたんですね……!
こういう事故があった場合即座に中止するものとばかり
思っていたので、少し驚いてしまいました……。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする