新大阪駅近くで5100万円ひったくり! 犯人や被害者は? 顔に液体をかけ現金入りの紙袋を奪う強盗事件【大阪市淀川区】




こんにちは、管理人の悠木です。

10月3日午後2時半ごろ、
大阪市淀川区西中島・新大阪駅近くの路上で
26歳の男性が突然男に液体のようなものをかけられ、
現金5,100万円の入った紙袋が盗まれる事件が発生しました。

突然液体をかけられるという強盗にも驚きですが、
被害者の男性は何故そんな大金を持ち歩いていたのでしょうか?

というわけで、この事件について
現時点で判明していることや
気になることをまとめてみました!

スポンサードリンク

事件の概要


出典:Yahoo! ニュース

警察によりますと、3日午後2時半ごろ、大阪市淀川区にあるJR新大阪駅近くの路上で、男性が後ろから近付いてきた男に顔に液体を塗り付けられ、右手に持っていた約5100万円入りの紙袋を奪われました。男は走って逃げ、男性は目に痛みを訴えているということです。

現場はJR新大阪駅から南に100mほどの路上です。
人通りも多い場所でしょうし
このような事件が起こるのは怖いですね。

液体は刺激臭がするもので、
男性は目の痛みを訴えていますが
軽傷とのことです。

逃げた犯人について

身長:180cmくらい、中肉
服装:黒い帽子にマスク、サングラス
容疑:強盗致傷

犯人は被害者の右手を掴み、
顔に液体をかけて、被害者が右手に持っていた
現金入りの紙袋を奪って逃走しました。

男性の後ろから近づき、走って逃げたということです。

黒い帽子やマスクといった特徴から
防犯カメラに映って捕まってしまうことを
警戒していたのでは?と推察できます。

男性の紙袋の中身を知っていた可能性や、
計画的な犯行だった可能性もあります。

警察は現在逃げた犯人の行方を追っています。
今後の捜査で、詳細が明らかになることを願います。

【NEXT:被害者や現金5100万円の詳細は?】

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする