ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
トリビア

水族館のショートレーナーの仕事は? トレーナーになる方法!【ナカイの窓】

こんにちは! 管理人の悠木です。
今夜放送の「ナカイの窓」では、
八景島シーパラダイスで働く様々な人を紹介するそうですね。

八景島シーパラダイスといえば、なんといってもイルカショー!
トレーナーさんと息を合わせて素晴らしい演技を見せてくれる動物たちは
本当に可愛らしいですよね!

ところで、ショーに出演する動物たちを
トレーニングするトレーナーさん。
放送を見て、あの舞台に立ってみたい! と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、水族館のショートレーナーになるにはどうしたらいいのか……?
調べてみました!

 

 

スポンサードリンク
 

 

トレーナーって何?

 

 

水族館にはまず飼育員、獣医、
そしてトレーナーと様々な専門分野のスタッフが働いています。

 

水族館のスタッフの一般的な業務というのは、
海洋生物の水槽を点検すること。
健康に問題が無いか、水質は適切かをチェックしたり、
行動を観察して異常がないか調べるのが主な仕事になります。

また海洋生物の世話だけでなく、
水族館を訪れる入場者に向けたパンフレット作成や案内、
イベントの企画などもお仕事の一部です。

水族館に来てくれた人をどのように楽しませるか、
こんな企画をしたらもっと海の生き物に
興味を持ってもらえるのではないか……と、
常に「お客様」と「海の生き物たち」がより良く居られるように
様々な方法を考え、実行していくことも大事なお仕事なんですね。

トレーナーはその中でもアシカやイルカなどの『海獣』の世話をしながら調教をしてゆき、
ショーで観客にパフォーマンスを見せる仕事です。

 

必要な資格はあるの?

水族館で働くだけなら資格は必要は無いのですが、
場所によっては『潜水士』『学芸員』
『スキューバダイビングのライセンス』『獣医』の
資格があると有利に就職ができるようです。

 

しかし、水族館の求人は欠員の補充の際にしかされず、
資格を持っているからといって必ず水族館に就職できるわけではないというのが現状です。

 

自分の働きたい水族館に関してよく調べ、
その水族館が必要としている人材はどんな人なのか?
どんなことができればいいのか?
という視点をもとに考えていくといいと思います。

 

どんな学校に行ったらいいの?

 

多くは専門学校で『水産学』『海洋学』『生物学』
『生命科学科』『ドルフィントレーナー』などを専攻で学ぶようです。

 

先ほども書いたように、トレーナーや飼育員になるのに必須の資格があるわけではないので、
その水族館で求める資格をもつことが必要になりそうです。

 

また、知識や体力が必要なのは当然、
高い『コミュニケーション能力』が求められます。

動物だけでなく、水族館に訪れる人が楽しめるように
工夫をしたり考えなくてはいけないので、
『学芸員』のスキルを必要とするところもあるのだとか。

※ただし『学芸員』として就職した際は
飼育員としてではなく学芸員として働くことになります。

 

現トレーナーの方によると、
言葉を発さない動物たちの気持ちや
健康状態を観察していく力が何より大事ということで
「観察力」「コミュニケーション能力」が大切だということです。

 

 

ショートレーナーの1日

 

<一日のスケジュール>
9:00 出勤、プールの掃除、調餌(ちょうじ/エサ作り)、
給餌(きゅうじ/エサやり)、動物たちの健康チェック、トレーニング
10:00 朝礼
11:00 ショー(1回目)
11:30 バックヤードツアーのガイド
13:00 ショー(2回目)
13:30 昼食
15:00 ショー(3回目)
16:00 動物たちのトレーニング
16:45 夕礼
17:30 ショー(4回目)
19:00 ショー(5回目)
19:30 日誌の記入など
20:00 退勤

 

出典:進路のミカタ

 

八景島シーパラダイスのショートレーナーの方の1日のお仕事です。
1日5回もあるショーの合間にもトレーニングやツアーのガイドなど
盛りだくさんな仕事内容です……!

 

ショーの訓練以外には何をしてるの?

 

基本的な業務として清掃、エサの準備と餌やり、
動物の健康チェック、ツアーのガイド、
トレーニング、日誌の作成などをしています。

 

またショーの企画、会場設備(音響・照明など)の選定・設置に携わることもあるようです。
動物たちのより良いパフォーマンスを支えるためには
トレーナーさんの努力が不可欠なのですね。

 

いかかでしたか?
ショーのトレーナーさんは華やかなショーの裏で
とっても忙しく働いていたんですね……!
これからも体に気をつけて、動物たちと二人三脚で
たのしいショーを作っていってほしいですね。