ユネハNavi!
おいしいお店の情報や気になるアイテムのあれこれをチェック&リリース。
ニュース

いちごは果実じゃない! なぜ野菜なの? 種はどこ? 【この差って何ですか?】

 

こんにちは! 管理人の悠木です。
今日放送の「この差って何ですか?」では、
果物のタネと実について紹介するそうですね。

特に驚きなのはイチゴ!
この時期旬のおいしいフルーツですが、
あの赤くておいしい部分は実じゃないんです!

じゃあいつも美味しく食べていたあの部分は一体……?
しかも、実は分類上、果物ではなく野菜だったとか……!?
いちごの秘密に迫ってみました!

 

 

スポンサードリンク
 

いちごは野菜だった!?

 

苺はバラ科の多年草で、
市場で流通している苺はほぼ全部『オランダイチゴ』に属するそうです。
ちなみに日本では昔苺のことを『いちび』と呼んでいたそうな。

 

ところで、見出しの通り
実はイチゴって、日本の流通基準で言えば「野菜」になってしまうんです。

 

スイカやメロンが実は野菜、
ということはご存知の方も多いと思いますが
まさかイチゴまで野菜扱いだったなんてビックリですね。

 

では、日本における「野菜」の定義って一体何なんでしょうか!?
農林水産省のHPにこんな記述がありました。

 

1.田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)

2.副食物であること

3.加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)

4.草本性であること

引用:農林水産省「野菜と果物の違いを教えてください。」

 

これが、日本国内における野菜の定義です。
もちろん、定義がはっきりしないあいまいなものであること、
農作・植生学・経済学など、どの観点から見るかによっても
分類が変わる場合はあります。

 

しかし、少なくとも日本の農作現場においては
草から生えるスイカ、メロン、そしてイチゴが
これらの条件をすべて満たすために、分類上「野菜」になるんです。
実はこの分類ではバナナやパイナップルも野菜になってしまうんです!

 

バナナやパイナップルの木に見える部分、
あれ実は、植物学的に見ればおおきな茎なんです。
そのため木ではなく草、という分類になり
バナナやパイナップルは野菜ということに……。

 

普段よく食べているフルーツが
結構な割合で野菜だったなんてビックリです!

 

ただし、普段は果物的な扱いをされている、
という点を鑑みて「果物的野菜」と分類する向きもあるとか。

 

いちごの赤い部分は何なんだ問題

 

さてさて本題ですが、我々が食べている部分は実は果実ではなく、
花托(花床)』と呼ばれる部分だったのです。
花托(かたく)と言えば、咲いた花の真ん中にある部分ですね。

 

『花托』とはなんなのかというと、
花が育つ部分であり、3種類のバージョンがあるのです。
果実ではないのに果実だと思われることから、
苺の実は『偽果』と呼ばれることも。

 

 

 

 

絵を描いてみました。ここが花托です!
この部分が大きく育って果実のようになり、
偽果と呼ばれて私達にもりもり食べられているわけですね。

 

何故花托のほうが大きくなって目立つのかというと、
『花托』は果実を育てるためのクッションの役割をしているからです。
種を守ろうとして大きく育っているんです。

 

 

あのぶつぶつは種じゃない

 

で、でもあの表面のぶつぶつは種だよね?
違います。あれ種じゃないんです。あれが果実なんです!
一見種と間違われがちですがあれは『痩果(そうか)』と言い、
多くの被子植物に『痩果』が見られるそうです。

 

苺のほかにこのように『痩果』をつける植物には
たんぽぽやそば、キントウゲなどがあります。

 

この『痩果』が多いほど、
私たちが実として食べる『花托』も大きくなるわけなのです。

 

では、種子は何かというとあのぶつぶつのさらに内部にあります。
私たちがふだん美味しく食べているあの赤い部分が
果実ではなく、種だと思っていた部分が果実だったとは……。

 

身近な食べ物なのに、とっても不思議な特徴ですよね。
今が旬のいちごですが、今度からは違った見方で眺めてしまいそうです。