九州大火災(爆発)で焼死体発見! 身元は? 原因や経緯は? 【九州大学箱崎キャンパス】




こんにちは、管理人の悠木です。
9月7日早朝、九州大学箱崎キャンパスにて発生した
火災について、火元付近から焼死体が発見されました。

見つかった遺体について、身元は判明したのか?
また、事故の経緯などについて
現段階でわかっていることをまとめました。

スポンサードリンク

火災の概要

出典:西日本新聞

7日午前6時40分ごろ、福岡市東区箱崎6丁目の九州大箱崎キャンパスで「爆発音がして炎が出ている」と大学の男性用務員から119番があった。3階建て校舎の1階を焼き、約3時間後に鎮火した。福岡東署などによると、建物は大学院法学府が入る「法文経教育学部本館」で、火元付近の研究室から年齢、性別不明の遺体が見つかった。県警は研究室に出入りしていた法学部卒業の40代男性の可能性があるとみて調べている。

出典:西日本新聞

火災が起きたのは福岡県福岡市東区箱崎6丁目にある
九州大箱崎キャンパスです。

出典:YOMOURI online

夏季休暇期間中だったため、構内に学生はいませんでした。
鎮火に3時間を要した大規模な火災だったにも関わらず
人への被害が少なかったのは不幸中の幸いでした。

火災の起こった建物は大学院法学部の入っている
「法文経教育学部本館」で、3階建て校舎の
一階が焼けました。火元は一階の研究室で、中から
男性とみられる遺体が見つかりました。

捜査によると、研究室の窓は粘着テープで目張りが施され、
ドアの内側にはバリケードのようなものが設置されていたそうです。
部屋の中からはガソリン、灯油の容器、
着火道具が発見されました。

警察からの正式発表がないため断定はできませんが、
研究室内部から遺体で発見された男性が
計画的に放火を行なった……というように思えます。

【NEXT:遺体の身元は?】

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする