広島の調味料「レモスコ」! 味は? 通販はある?【所さんお届けモノです!】




こんにちは、悠木です!
今日の「所さんお届けモノです!」では、
宮崎県、そして広島県の秘密の調味料が紹介されるそうですね。

広島のお好み焼きにかけていたあの黄色い調味料……
もしかして、いまひそかに話題のアレでしょうか?

味と入手法について調べてみました!

スポンサードリンク

広島特産調味料「レモスコ」

出典:ヤマトフーズ

番組で紹介されたのはこちら。「レモスコ」です!

そう、あの「タバスコ」の日本版、そして原料がレモン……という
広島が生んだ新しい調味料なんです!

材料に使われているのは、瀬戸内産の広島レモンと上蒲刈島の「海人の藻塩」。
そこに九州産青唐辛子とお酢を加えて作られています。
原料はレモン・塩・唐辛子・お酢と塩のみ!
国産・無添加で安心の調味料ですね。

公式HPほか、Amazonなどでも通販で入手できます。
価格は1本60g入りで864円です。

青唐辛子を使用したものが通常のレモスコ。
ハバネロを使用し辛みを増したものがレモスコREDです。

気になるお味は?

酸味・塩気の奥にしっかりとしたうまみがあり、
何よりもレモンの爽やかな香りでどんな料理にも相性抜群です。
タバスコほど辛みが強くないということで
激辛はちょっと……という人にも大人気です!

番組内ではお好み焼きにかけるという手法が紹介されていましたが、
他にも広島名産の牡蠣に合うとのこと。

また、パスタやから揚げ、カルパッチョにかけてもおいしいです。
レモンをかけて美味しく頂けるものなら
間違いなく美味しくなると思います。

広島お好み焼きとの相性

お好み焼きに合う!
ということで番組で紹介されていたレモスコですが、
実際に「レモンの爽やかな香りでさっぱりしておいしい」
というコメントが多数。これは試してみたい。

そしてふと気になったのですが、
広島のお好み焼きと他のお好み焼きの違いって何なのでしょうか?

ちなみに、広島県人の前で「広島お好み焼き」を「広島焼き」と言うと
怒られる、という都市伝説ですが、広島県民の友人に聞いたところ
あながちウソではないようです……笑
なので、当ブログでは「広島お好み焼き」表記で統一します。

 広島お好み焼きの特徴

  • 焼く前に具材を混ぜない
  • 押さえつけて焼かない
  • 焼きそばが入っている
  • 薄い卵が乗っている

でした!
お好み焼きは混ぜてから焼くものとばかり思っていたので
こんな作り方をするなんてびっくり! とっても美味しそうです。

ところで、私は関東出身なので、
お好み焼きと言えば大阪風ばかりで
実は広島お好み焼きを食べたことがありません……

そういえば、都内で広島お好み焼きを食べられるお店って
あるのでしょうか??

広島お好み焼きが食べられるお店

新橋:ちんちくりん 新橋本店
新宿:あす香
飯田橋:もみじ屋(旧店名:れもん屋)

どのお店もまるで本場のような味わいで、
広島出身の芸能人やカープの選手が
お忍びで来店するほどのお味だとか……!

これはぜひ、レモスコを持参して行ってみたいお店ですね!
以上、レモスコと広島お好み焼きのご紹介でした!

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする