門倉広樹容疑者逮捕! 小5女児死亡事故、現場や原因は?【神奈川県横浜市西区北軽井沢】

こんにちは、管理人の悠木です。

30日の午後4時過ぎに、神奈川県横浜市にある
市道交差点で、小学5年生の女の子が
軽ワゴン車にひかれ、死亡する事故が発生しました。

出典:Yahoo!ニュース

軽ワゴン車に乗っていた男性は
過失運転傷害の容疑で現行犯逮捕されましたが、
女の子が死亡したことにより今後は
過失運転致死の容疑で捜査が進むそうです。

事件の現場や経緯について、わかっていることをまとめました。


事故の経緯

30日夕方、横浜市の市道で下校途中の小学5年生の女の子がワゴン車にはねられ、死亡しました。

30日午後4時20分ごろ、横浜市西区の市道で、近くに住む小学5年生の渡辺ゆり愛さん(10)が交差点を渡っていたところワゴン車にはねられました。渡辺さんは全身を強く打ち、まもなく死亡が確認されました。

警察は、ワゴン車を運転していた藤沢市の自営業・門倉広樹容疑者(35)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕していて、今後、容疑を過失運転致死に切り替える方針です。

警察によりますと、渡辺さんは下校途中で、バスを降りた直後にはねられたということで、門倉容疑者は「気が付いたときには女の子が目の前にいて間に合わなかった」と供述しているということです。

出典:Yahoo!ニュース

事故の概要としては以上となります。
また、情報によると、事故にあった女の子は
停車したバスから下車後、バスの後ろ側を通って
交差点を横断しようとした際に
左側から来たワゴン車に轢かれてしまったとのことです。

女の子は横断歩道を1人で渡っていたとのことです。
停車中・発車間際のバス付近、
なおかつ横断歩道がある時点で
徐行するのが最も正しい判断だったと思います。

現場とされる住所付近を調べてみると、
小中高と学校も多いので、事故の起きた時間は特に
下校してくる学生に注意すべきだったのではないでしょうか……。

関連コンテンツ



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 林  均 より:

    いつも危ない危ないと思っている交差点。市街地だが幹線道路への抜け道になっているため交通量は多く、走る車も結構スピードを出している車が多い。また翠嵐高校の前だけあって学生も目立つ。三ツ沢公園前もそうだが、こんな場所しかないのかというようなところに、誘導帯もなくバス停が設置されている。ある意味行政の責任もあるのではないか。林文子市長、道路や設置物の確認も大事な市政の一環であることをお忘れなく。なくなった方のご冥福をお祈りいたしますとともに、横浜の交通行政が、幹線道路ばかりに目を向けるのではなく、肌理細やかになることを願ってやみません。

    • asamichi より:

      林 均さん

      コメントありがとうございます。
      ニュースで見たら結構狭いと感じた道なのですが、
      幹線道路に繋がっているのですね……。
      ご指摘の通り付近に学校が多いため、
      今後同じような事故が起こらないか心配です。

      たしかに、今後行政側でも道路設備の見直しが
      行われることが重要だと思います。

      貴重なご意見ありがとうございました。