群馬県邑楽町でミイラ化遺体! 死体遺棄事件発覚の経緯・現場(場所)は?




こんにちは、管理人の悠木です。
8月27日午前10時頃、群馬県邑楽町中野にある
民家の物置から、ミイラ化した遺体が発見されました。

最近この手の痛ましいニュースが多いですね。
発見の経緯や場所など、
現時点で判明していることをまとめてみました。

スポンサードリンク

発見の経緯

出典:Yahoo! ニュース

27日午前10時ごろ、邑楽町中野の住宅を家宅捜索中の群馬県警大泉署員が、敷地内の物置でミイラ化した遺体を発見した。死後一定期間経過しているとみられ、性別や年齢は不明。同署が身元の特定を進めるとともに、事件性の有無を調べている。

同署によると、窃盗容疑で逮捕した男(61)の自宅を、男の立ち会いの下、捜索していた。男は「家で弟(59)が死んでいたので物置に移した」と話しているという。

出典:上毛新聞

死んでいたので物置に移した……ということですが、
亡くなっていたのならばすぐさま埋葬の手続きをとり
死亡届を提出するのが本来の方法です。

なぜその手段をとらなかったのか疑問ですね……。

遺体は死後数ヶ月が経過していると見られています。
逮捕された男性の主張が真実であるとするなら、
数ヶ月もの間敷地内にずっと遺体を放置して
生活していたことになります。

発見された場所

出典:Yahoo! ニュース

遺体が発見されたのは、
群馬県邑楽町中野にある住宅の物置の中です。

物置ということは、おそらく家の外に設置されており
遺体が遺棄されていた場所と
外の気温は大きく差はなかったと思われます。

邑楽町は群馬県前橋市のほど近くにあり、
夏はかなり気温が上がると推察されます。

過去1ヶ月間の前橋の天候情報によると、
今月、最高気温が30度を下回った日が
わずか4日しかありませんでした。

こんな気温の中放置されていたら……
あっという間に遺体が変質してもおかしくはありませんね。

スポンサーリンク




関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする